アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなし

スポンサーリンク
アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなし 展覧会

展覧会「アンティーク着物万華鏡 ―大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしー」が、2019年7月5日(金)から9月29日(日)まで、東京の弥生美術館・竹久夢二美術館にて開催される。

着付け方やコーディネートひとつで、様相が変わるアンティーク着物を万華鏡のように楽しむ!大正から昭和の着物の着こなしを、当時の抒情画や文学作品から読み解く。

スポンサーリンク

アンティーク着物を元の作品と併せて紹介

お隣同士に位置する弥生美術館と竹久夢二美術館にて、アンティーク着物の着こなしを紹介する展覧会が開催。竹久夢二など、大正から昭和に描かれた抒情画や文学作品のなかで描かれた乙女の着物の着こなしを元に、現代のファッションスタイリストがアンティーク着物をコーディネートし、元の作品と併せて紹介します。

戦前の美人画をアンティーク着物で再現

徳田秋聲の愛用のマントと鞄、ステッキも

着物のしたに着用の長襦袢に込められた遊び心を紹介するなど、興味深い展示もあり、当時の着物の着こなしを、平面と立体の両方から楽しめます。そして、本展初公開となる文豪・徳田秋聲の愛用のマントと鞄、ステッキも展示します。

今でも充分お洒落なアンティーク着物の着こなし

懐かしい雰囲気はそのままに、どこか新鮮で、今でも充分お洒落なアンティーク着物の着こなしを存分に堪能できます。

大正から昭和初期、雑誌の表紙や口絵で活躍した抒情画家たちはファッションリーダー的な存在でした。

会場では、そんな感性豊かな画家たちが描いた美しい着物姿の女性の画を多数紹介します。

スタイリストによる別コーディネートも展示

さらに、その中から数点をアンティーク着物によって再現。合わせて、スタイリストによる別コーディネートも展示することで、多彩な着物の着こなしを学ぶことができます。

会期中はギャラリートークも開催。詳細は公式サイトをご確認ください。

 

イベント名アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなし
開催期間2019/07/05(金) ~ 2019/09/29(日)
最寄り駅根津駅 / 東大前駅
会場弥生美術館、竹久夢二美術館
時間開始:10:00
終了:17:00
備考:入館は16:30まで
料金・費用一般 900円、大学・高校生 800円、中学生・小学生 400円
※両美術館、併せて観覧可
※割引料金については公式サイトを参照
お問い合わせ弥生美術館
電話番号:03-3812-0012
竹久夢二美術館
電話番号:03-5689-0462
オフィシャル
サイト
弥生美術館・竹久夢二美術館公式サイト
弥生美術館・竹久夢二美術館公式Facebook
注意事項毎週月曜休館
※ただし、7/15、8/12、9/16、9/23は開館、7/16、9/17、9/24は休館
タイトルとURLをコピーしました