【2018】3月の浅草行事:浅草寺本尊示現会・金龍の舞

示現会

3/17・18
浅草寺本尊示現会「慶讃 三社大権現本堂堂籠之儀」
推古天皇三十六年(西暦六二八年)三月十八日江戸浦(現在の隅田川)で漁をしていた漁師、檜前浜成(ひのくまはまなり)・竹成(たけなり)兄弟の投網の中に一体の小さな仏像を発見し駒形堂辺りから上陸、それを土師真中知(はじのあたえなかとも)が拝し、聖観世音菩薩の尊像であることを知り、槐(えんじゅ)の木の切り株の上に安置した後、土師中知は自ら出家をして屋敷を寺に改めて深く帰依したと「浅草寺縁起」は云えており、その聖観世音菩薩がご示現された浅草寺創始の聖日を慶祝し執り行われます。

3/18
金龍の舞
金龍山は浅草寺の山号です。
百尺ばかりの金鱗の龍が、この地に下ったからとされています。
昭和33年10月、昭和本堂が落慶の際、これを因み奉納されたのが、金龍の舞、地元青年有志70余名が奉演します。
金龍の舞