展示会「平成を彩った絵本作家たち」

スポンサーリンク
展示会「平成を彩った絵本作家たち」展覧会

2020年で開館20周年を記念し「平成を彩った絵本作家たち」が開催中です!

平成に活躍した日本の絵本作家35名の絵本作品を展示し、作品から平成という時代を振り返ります。

国際子ども図書館で開館20周年記念展示会「平成を彩った絵本作家たち」を開催。この展示会では、平成に活躍した日本の絵本作家35名の作品約200点が紹介されます。個性豊かな数々の絵本から、平成という時代を振り返る展示会となります。期間中は、展示会関連イベントの開催も予定されています。入館には、先着順で当日発行される整理券が必要です。

『タンゲくん』片山健 [著] 福音館書店 1992

『タンゲくん』片山健 [著] 福音館書店 1992

『金曜日の砂糖ちゃん』酒井駒子 [著] 偕成社 2003

『金曜日の砂糖ちゃん』酒井駒子 [著] 偕成社 2003

『バムとケロのおかいもの』島田ゆか 作/絵 文溪堂 1999

『バムとケロのおかいもの』島田ゆか 作/絵 文溪堂 1999

『バムとケロのおかいもの』島田ゆか 作/絵 文溪堂 1999

『バムとケロのおかいもの』島田ゆか 作/絵 文溪堂 1999

<出展作家>
林 明子、片山健、武田美穂、いとうひろし、宮西達也、あべ弘士、駒形克己、新宮晋、スズキコージ、荒井良二、たむらしげる、小林豊、降矢なな、出久根育、酒井駒子、どいかや、工藤ノリコ、島田ゆか、なかやみわ、いわいとしお、三浦太郎、かがくいひろし、高部晴市、田中清代、伊藤秀男、西村敏雄、長谷川義史、鈴木のりたけ、tupera tupera、みやこしあきこ、荒井真紀、ミロコマチコ、きくちちき、ヨシタケシンスケ、ヒグチユウコ ほか(展示会場での紹介順)

 

この投稿をInstagramで見る

 

平成を彩った絵本作家たち 平成に活躍した絵本作家、平成の絵本の歴史を振り返る展覧会です。かつてNHKてれび絵本で観た作品が時系列に並んでいて懐かしくなりました。 展示によれば日本の子ども向けの絵本は1950年代から発展し始め、1960~70年代の高度成長とベビーブームを背景に出版点数が飛躍的に伸びたそうです。名作ぐりとぐらもこの時期に出版されています。 絵本と言うと童話の延長線のイメージでしたが、紛争などのジャーナリスティックな物、自然科学を伝える物など幅広いジャンルがあり多くの可能性を持った媒体だと感じました。 作家の経歴の紹介が豊富なのも見所!例えば、あらしのよるにの挿絵を描いたあべ弘士さんは動物園の飼育係、他にも新幹線の運転士だった方が仕事の内容を紹介する絵本を出していて他分野の道を知る人が絵本の世界を広げた事がよく分かります。 “こんとあき”の林明子さんやヒグチユウコさんなどの最近の方まで幅広く紹介されているので行ったら読みたい作品が増えるでしょう。 上野の国際子ども図書館で12月27日まで開催(入場無料) This is a special exhibition about Japanese picturebook authors of the Heisei era in lnternational Library of Children’s Literature. According to the exhibition, the number of Japanese children’s picture books began to develop in the 1950s, and during the 1960s and 1970s, the number of picture books published in Japan increased dramatically as a result of the country’s rapid economic growth and baby boom. I thought of picture books as an extension of children’s stories, but they have a wide range of genres, including journalistic subjects such as conflicts and those that convey natural science, and I felt that they have many possibilities. #国際子ども図書館  #平成を彩った絵本作家たち #絵本好きな人と繋がりたい #図書館好きな人と繋がりたい #旅行好きな人と繋がりたい #文学トラベラー #internationallibraryofchildrensliterature #booksforchildren #travel #travelgram

文学トラベラー(@bungakutraveler)がシェアした投稿 –

イベント名展示会「平成を彩った絵本作家たち」
開催期間2020/09/29(火) ~ 2020/12/27(日)
最寄り駅鶯谷駅 / 上野駅
会場国際子ども図書館 レンガ棟3階 本のミュージアム
時間開始:9:30
終了:17:00
備考:入館は16:30まで
料金・費用入館無料
(入館は整理券が必要になります)
お問い合わせ国立国会図書館 国際子ども図書館(代表)
電話番号:03-3827-2053
備考:利用案内:03-3827-2069(自動応答)
オフィシャル
サイト
国立国会図書館 国際子ども図書館
国際子ども図書館の来館サービスに関するお知らせ
注意事項開催予定が変更となる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

■新型コロナウイルス対策に関する主催者からのお知らせ
新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、検温や連絡先記入へのご協力をお願いしています。URL「国際子ども図書館の来館サービスに関するお知らせ」で詳細をご確認の上ご来場ください。

備考毎週月曜、祝・休日、毎月第3水曜日(資料整理日)は休館

出典:平成を彩った絵本作家たち|開催中の展示会、これからの展示会|展示会情報|展示会・イベント|国立国会図書館国際子ども図書館

タイトルとURLをコピーしました