浅草夏の夜まつり とうろう流し

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

隅田川 とうろう流し

昭和21年(1946年)の復興祭に始まり、昭和41年(1966年)の隅田川護岸工事に伴って廃止された「流灯会」を復活させた行事です。故人の冥福と世界平和を祈願して、無数の灯籠が流され、夏の一夜を幻想的に彩ります。灯籠は当日の受付もあり、幻想的な灯りの一つに参加することもできます。

とうろうは有料です。とうろう流し参加希望の方は事前申し込みが必要となります。

静かな川面を様々な人の思いが込められた灯ろうの明かりが照らす、ゆっくりと流れる美しさを堪能ください。

浅草夏の夜まつり とうろう流し

とうろう流しについて

灯籠流し(とうろうながし)は、死者の魂を弔って灯籠(灯篭)やお盆の供え物を海や川に流す日本の行事です。とうろう流しや灯篭流しとも表記します。

一般的には、お盆の行事送り火の一種であり、夏祭りや花火大会などと合同で行われることが多い。しかしながら「お盆」時期についての解釈が地方によって異なることや、特別の追悼行事として行う場合もあり、日本全国で一斉に行われるわけではない。また、灯籠流しを行わない地域も多い。雛祭りの原型とされる流し雛の行事との類似性が指摘される。

近年は海や川の汚染が問題になり、灯籠をそのまま海に流すことは昔と比べると少なくなっている。自治体が放流を禁じている例もある。その場合は、川の下流などで灯籠を回収したり、河川敷や海岸に集め回収することになる。しかし費用の問題から狭い範囲で実施することで回収を容易にしたり、回収せずにそのまま流したりする例もある。

Wikipedia

浅草夏の夜まつり とうろう流し

とうろう流し 料金・費用

参加:灯ろう1個1,500円
見学:無料

とうろう流し参加申し込み方法

とうろうの受付(1基1,500円)

販売期間:8月9日(金曜日)まで
販売場所:吾妻橋観光案内所(墨田区役所2階)
販売時間:午前9時から午後5時まで(定休日はありません)
隅田川 とうろう流し


当日販売

販売場所:すみだリバーサイドホールイベントホール(墨田区役所2階)
販売時間:午後1時から予定数終了まで販売

 

名称浅草夏の夜まつり とうろう流し(あさくさなつのよまつり とうろうながし)
所在地〒111 – 0033 東京都台東区花川戸1-1-1
開催期間令和元年8月10日(土曜日) ※荒天の場合、翌日に順延

とうろうの当日受付:午後1時から
とうろう流し:午後6時半から午後8時半まで
平和の語り部講演会:午後5時から午後6時まで
キャンドルイルミネーション:午後6時から午後8時半まで
琴と尺八による演奏:午後6時20分から午後8時頃まで
(演奏:墨田区三曲協会)

開催場所隅田川親水テラス
区役所前うるおい広場
すみだリバーサイドホール
交通アクセス地下鉄「浅草駅」下車
主催一般社団法人浅草観光連盟、一般社団法人墨田区観光協会、墨田区
料金見学自由、灯籠/1個1500円
問合せ先浅草観光連盟 03-3844-1221
ホームページhttp://www.e-asakusa.jp/
タイトルとURLをコピーしました