浅草酉の市 2019

スポンサーリンク
浅草酉の市 2019 浅草 酉の市

今年の無事を感謝し、来年の幸を願う酉の市が今年も開かれます。
新たな時代、令和初めての酉の市は、縁起熊手も一段と華やかに、手締めも鯔背に威勢良く賑わいます。

今年の酉の市は11月に二回酉の日がある「二の酉」。浅草酉の市は『神と仏の酉の市』として有名です。参詣者は隣り合う鷲神社と酉の寺長国寺両方の『おとり様』に開運幸福・商売繁盛を願います。

境内には金銀華やかな縁起熊手はもちろん、かわいい熊手守りがビッシリと並ぶので見ているだけでも楽しい。界隈には浅草の老舗・居酒屋・開運グッズなどの屋台が500店以上も軒を連ね、楽しみが満載な酉の市にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

浅草酉の市 2019

スポンサーリンク

酉の市で熊手を買う

  1. 始めは小ぶりの熊手から買い、毎年大きくするのが良いといわれています。数百軒もの熊手屋さんがあるのでじっくり気に入った熊手を探して選びましょう。
  2. 気に入った熊手を見つけたら熊手屋さんと駆け引きです。まずは予算より少な目の額を言ってみましょう。ここから熊手屋さんとの駆け引きが始まります。
  3. どれだけ値切れるかは腕次第。このやり取りも酉の市の楽しみです。
    うまくいけば熊手屋さんの気っぷのいい「まけた、まけた」の声が聞けるかもしれません。値切った分だけ「ご祝儀」として店においてくるのが粋な熊手の買い方とされています。
  4. 求めた熊手はお店の中央にかかげましょう。周りに集まった熊手屋さんの威勢のいいかけ声で、手締めとなります。「家内安全・商売繁盛」と大勢で手を打つ瞬間は最高です。お互いに「有り難うございました」の言葉とともに笑顔がこぼれます。
  5. 帰りは、来年の酉の市までの1年間、より大きな福をかき込んでくれるように願って、熊手を正面に向け高くかかげて歩きましょう。

酉の市の縁起物

おとりさまに御利益をお願いした後は、市をめぐって小さな江戸の情緒や文化を肌で感じて、粋に遊んでみませんか。

縁日での買い物は、あれもこれもとただ買うだけだけでも楽しいものですが、いろいろと知っているとなお楽しめます。露店商との掛け引きも腕次第ですよ。

浅草酉の市 2019

熊手

市での縁起物は、なんといってもまず熊手です。熊手の種類や買い方を参考に、熊手商とのやり取りを粋に決めてください。こんなご時世です。威勢の良い大きな手締めで、不景気も吹き飛ばしてしてしまいましょう。

頭の芋

当初、時節の農産物土産だった唐の芋を「頭(かしら)の芋」と呼び、名物となりました。食べると人の頭になれると洒落て開運出世の縁起物にした江戸っ子もさすがなら、たった一軒になっても商い続けている露店もさすがです。以前は笹竹に芋を通していました

切山椒

黄金餅にかわって江戸の終わり頃から人気のお菓子です。山椒の香りも爽やかなほんのり甘く柔らかいお菓子です。おかめさんの熊手が描かれたパッケージは酉の市のおみやげにピッタリです。

老舗の味

市には下町の老舗が仮店を出してにぎわっています。雷おこし、芋ようかんにあんこ玉、ピリリと辛い七味唐辛子、東京の初冬の漬物を代表する大根を麹で漬けたべったら漬け、それに、どこで割っても金太郎さんの顔が出てくる、御存知金太郎飴などなど。界隈の銘店も店頭のワゴンに自慢の逸品を並べています。乙な味のお土産が選り取り見取りです。

【例年の人出】
約80万人

【屋台・露店】
約500店

開催期間2019/11/08(金)、2019/11/20(水)※一の酉:11/08(金) 二の酉11/20(水)
最寄り駅三ノ輪駅 / 入谷駅 / 浅草駅
会場浅草酉の寺 長國寺、鷲神社
時間開始:00:00
終了:24:00
備考:※酉の日深夜0時~翌日深夜0時(まるまる24時間開催)
料金・費用入場無料
お問い合わせ浅草酉の寺 長國寺
電話番号:03-3872-1667
オフィシャル
サイト
浅草酉の市
タイトルとURLをコピーしました