時の記念日100周年企画展「時」展覧会2020

スポンサーリンク
時の記念日100周年企画展「時」展覧会2020 「時」展覧会

6月10日の「時の記念日」100周年を記念し、日本における時計100年の技術の進歩や「時」の研究最前線の資料展示です。入館は完全事前予約制となります。

スポンサーリンク

「時」展覧会は「時の記念日」誕生のきっかけになった展覧会

6月10日は「時の記念日」です。

671年、天智天皇が漏刻(水時計)を使って日本で初めて報時を行った故事に由来しています。1920(大正9)年5月から7月にかけて、国立科学博物館の前身である東京教育博物館で、時間をテーマにした「時」展覧会が開催されました。

この展覧会が大人気になったことがきっかけになり「時の記念日」が誕生しました。

当時、庶民に時間厳守を促すため、東京各所で時間を大切にする呼びかけがおこなわれ、正午の時報に合わせて、大砲や工場の汽笛や寺院の鐘が一斉に鳴りました。

日本の大衆に「秒」を意識させた初の大々的な人気イベントとなり、その後日本人の時間意識にも影響を与えました。この展覧会がきっかけで「時の記念日」が誕生。

「時の記念日」100周年にあたる2020年に開催の本展では、当時を振り返り、今日まで続く日本の時計技術の歩みと「時」に関する最新の研究が紹介されます。

身近な「時」について改めて考え、昔の「時」を学び、現在の「時」を理解し、未来の「時」に想いをはせてみてはいかがでしょうか。

時の記念日100周年企画展「時」展覧会2020

時の記念日100周年企画展「時」展覧会2020

 

 

「時」展覧会の展示

地球館2階:その時、人々は「秒」を意識した

1920年の「時」展覧会や「時の記念日」について紹介します。第1回の「時の記念日」では東京各所で時間を大切にする呼びかけがおこなわれ、正午の時報に合わせて、大砲や工場の汽笛や寺院の鐘が一斉に鳴り、東京は“響きの都”になりました。「時の記念日」は、日本の大衆「秒」を意識させた初めての大々的なイベントとなり、その後日本人の時間意識にも影響を与えました。

時の記念日100周年企画展「時」展覧会2020

日本館地下1階多目的室:日本における時計100年の技術の進歩と「時」の研究最前線

日本の時計産業は、この100年間、時間の正確さと携帯性の向上を限りなく求め続け、世界市場を席巻するクオーツ時計を次々に開発するなど、世界をリードしてきました。その歴史を写真や関連資料と合わせ魅力的な製品の数々で紹介します。また、正確な日本の標準時や原子時計、次世代の光格子時計の研究など、時間に関する研究の最前線も取り上げ、精度の向上が私たちの生活や社会をどのように変えたかを紹介します。

イベント名時の記念日100周年企画展 「時」展覧会2020
開催期間2020/06/05(金) ~ 2020/07/12(日)
最寄り駅上野駅(徒歩5分)
会場国立科学博物館 日本館地下1階多目的室、地球館2階常設展示室内
※多目的室会場は、常時入場制限を設けます
時間開始:9:00
終了:17:00
料金・費用一般・大学生 630円、高校生以下および65歳以上無料
※常設展示入館料のみで観覧可能
※入館は事前予約制、詳細は公式ホームページを確認
お問い合わせハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600
主催主催:国立科学博物館、明石市立天文科学館、日本時計協会
協 力:情報通信研究機構、カシオ計算機、シチズン時計、セイコーウオッチ、セイコーエプソン、セイコークロック、セイコーミュージアム、リズム時計、日本時間学会、山口大学時間学研究所
資料協力:海上保安庁、国立天文台、郵政博物館
オフィシャル
サイト
国立科学博物館 時の記念日100周年企画展 「時」展覧会2020
注意事項毎週月曜日、6月22日(月)~26日(金)(害虫駆除のためのくん蒸期間)休館

出典:時の記念日100周年企画展「時」展覧会2020- 国立科学博物館

タイトルとURLをコピーしました