PR:【探偵/浮気調査】探偵ができること、できないこと

スポンサーリンク
探偵/浮気調査

探偵は「探偵業法」と言われる法律によって、行動を制限されています。

認められているのは「聞き込み」「尾行」「張り込み」「その他これらに類する行為」を用いた調査のみとなります。

詳しくは探偵業法第二条に明記されていますので、詳細が気になる方は確認しておきましょう。

探偵ができること

前述したように、できることは4つだけです。
具体的には次のような方法で、浮気調査を進めていきます。

  1. 指定場所からターゲットを尾行する
  2. どこに行き、そこで何をしたか、誰と会ったかを監視する
  3. 尾行中にターゲットが浮気相手と室内に入っていけば、その外で探偵は張り込みを行う
  4. 情報量が少ない時は、ターゲットの友人や知人、同僚から話を聞き出す

探偵はターゲットが行動するたびに時間をメモしていきます。
その都度、写真や動画撮影も行います。
パートナーが本当に浮気をしていれば、何時何分に浮気相手と会い、どこで何をしていたのかも分かります。
浮気調査で得られた情報は調査報告書にまとめられ、最終的に依頼者に交付されます。
浮気証拠を掴む

探偵ができないこと

探偵は「聞き込み」「尾行」「張り込み」「その他これらに類する行為」以外のことをできません。
依頼者が頼んでしまいがちな、探偵のできない行為は以下の通りです。

・縁切り
・別れさせ工作
・復縁工作
・復讐代行
・出会い工作
・殺人請負
・犯罪歴データ調査
・出入国等渡航歴確認
・戸籍等公簿取得
・電話番号からの身元確認
・車両情報からの身元確認
・発信機設置
・盗聴盗撮請負
・出生地に関する調査

法律に違反する行為は当然断られます。

また、社会的差別に繋がるような依頼、犯罪を助長するような依頼も断れます。

電話相談などで担当者に質問をすれば、あなたの依頼内容は「できないこと」なのかは教えてもらえます。

浮気 慰謝料

浮気調査を利用する時の注意点

探偵ができないことの項目を見れば分かりますが、できることよりも魅力に感じたはずです。

単身赴任中のパートナーの部屋に盗撮盗聴器を設置して、クロだと分かれば探偵に別れさせ工作を行ってもらう。

浮気相手に対する怒りがおさまらなければ、復讐として浮気相手の自宅周辺にその事実を広めたり、実家の両親に知らせる。

やり方によっては法律違反ではなく、グレーな方法も多々あります。

しかし、そのどれもが探偵業法違反となるため、正規探偵業社では依頼を引き受けてもらえません。

グレーな依頼を引き受けてしまう探偵事務所も存在するのですが、公安委員会から認められた正規探偵業社ではない可能性が高いです。

その場合、詐欺や脅迫被害に遭ったり、パートナーや浮気相手から逆に訴えられることもあるので注意が必要です。

特に、「別れさせ工作」「盗撮盗聴請負」などはターゲットに気づかれにくい行為となるため、詳しく調べると請負先を見つけることができます。

ただし、違法業者となりますので申し込まないようにしましょう。

もしも、別れさせ工作に頼らないと問題を解決できない時は、依頼先の実績や評判、行政指導の有無をしっかりと確かめてください。

まとめ

探偵の浮気調査は、探偵による足を使った作業がメインとなります。

探偵にしかできない行為ではないため、やり方を覚えればご自身でも浮気調査には取り組めます。

しかし、パートナーが浮気しているであろう時間帯にあなたは動けるのか、仮にパートナーに自力調査がバレてしまったらどうするのかも考えなくてはいけません。

探偵は日常的に聞き込みや尾行、張り込みを行っており、効率を考えればプロに任せてしまった方が早いと言えるでしょう。

1日でも早く浮気問題を解決したいなら、あなたの悩みに応えられるかを探偵事務所に尋ねてみるべきです。

浮気・探偵ニュース

相手を油断させて浮気を立証

浮気証拠を掴むために最も効果的な方法は「スキをわざと作ること」です。

具体的には

  • 浮気しているのを知っているが気づいていないフリで過ごす
  • 相手が浮気しやすいように嘘の出張、残業で浮気相手を過ごす時間を増やす
  • プレゼントや家族サービスなど積極的に行い周囲からの信用を勝ち取る
  • 普段から相手への感謝の気持ちを友人達の前で伝える

とにかく相手を油断させることです。
貴方が自分にべた惚れ、自分には逆らわないと確信すれば今まで以上に大胆か行動を起こすのは明白です。連絡なしでの外泊、家事放棄、予定告げずに旅行へ行くなど考えられない行動を取り始めます。

その間は辛い期間ですが相手への制裁する日を糧に弱気な立場を演じつづけてください。
もちろん相手の行動はすべて日記に記録し出来れば夫婦共通の友人に打ち明けるフリをして苦悩している事をさらけ出すと味方を作ることができるでしょう。

最後に行う行動は相手が油断しきって密会している現場を押さえることです。
探偵事務所の人と同伴、できれば共通の友人も一緒にいるほうが証人にもなります、1人で踏み込んでも2対1で言いくるめられる可能性もあるので確実に相手より優位な状況を作って現場を抑えてください。

浮気した相手の開き直りについて

浮気がバレたとき相手が取る代表的な行動は三つほどあります。
主に妻側の例になりますが代表的な例は以下になります。

  • 浮気を謝罪せず「浮気させた旦那が悪い」と言う
  • 泣き落としで反省してる「フリ」をする
  • 旦那と分かれて浮気相手先へ逃げる、または実家へ逃げ帰る

最初の文句は正に「開き直り」であり浮気したのは事実だが浮気をさせた貴方が悪い、私は寂しかった等々、謝罪なしで訴えてきます。この時点で完全に貴方を言いくるめることができると「舐めてきています。」

この場合の対応は決して感情に走らず淡々と事実だけで追い込んでください。
事実とは?

浮気をした事実です。貴方が家庭を守るために働いてる時間、浮気相手と過ごしていた事実
貴方に嘘の用事をつげ浮気相手と過ごしていた事実です。

同じように[泣き落とし」の場合も反省している「フリ」なので決して同情は必要ありません。離婚を決意しているなら両家の両親を呼び事実を伝えてください。本当に反省してるなら従うでしょう、泣き喚いて何とかやり過ごそうと考えてるなら拒絶することでしょう。

3番目は一番、愚かな行動ですが実家に帰った場合には先手を打って相手先の実家へ事実だけを伝えておきましょう。浮気した側は自分は悪くないと実家に告げるのがほとんです。ムダに敵を作らないように努めて冷静に事実だけを伝えてください。

慰謝料を払わせるために

浮気の証拠を掴み、浮気相手、浮気した自分の妻、夫も浮気の事実を認めた。互いに離婚する意思が強い場合に取るべき対応はなにかについて説明します。

まず浮気した方を便宜上、有責者と呼びますが有責者は浮気された側(被害者と呼ぶ)へ慰謝料を払う義務が生じます。正確には被害者は有責者へ慰謝料を請求する権利があるということです。

この場合、被害者が請求できる相手は下記の通り

  • 有責者(自分の妻、夫)
  • 浮気相手

*浮気行為を積極的に幇助した人間がいる場合は幇助した人間にも請求する権利はあります。
被害者側がしっかりと浮気の証拠をつかみ有責者と浮気相手から浮気した事実を確認した場合、よほどの事がない限り(自分も浮気していた、実は妻にDVをしていた)被害者側の言い分が認められます。

浮気行為と不倫

次に揉める可能性が高いのは請求するする慰謝料の金額です。
有責者に資産が有る場合はその資産に対しての請求もしくは自分が受けた被害に相応する金額を請求できますが専業主夫が相手の場合、夫婦共有財産を没収する形で慰謝料と相殺するケースも往々にしてあります。

夫婦共有財産とは結婚してから二人で築いた財産(家、土地、預金など)です。
有責者はこれらの権利を放棄するかわりに慰謝料をあらたに請求しないという示談方法です。

浮気相手については共有財産はありませんので慰謝料として請求しますが一括で払えない場合には分割となります、できるだけ分割払いではなく一括払いが望ましいのですが、どうしても分割支払いしか出来ない相手には公正証書など執行権のある書類をつくり法的に効力を使うようにしてください。

浮気調査費用を安くする方法

浮気調査にかかる探偵事務所費用・料金は、一般的に10万・20万ではすみません。
しかし、確固たる事実を掴むことで、そのあとの慰謝料・養育費で何百・何千万というお金が返ってくるわけですから、この部分、プロにお願いしたいですね。

携帯電話、ソーシャルメディアの復旧で浮気の疑いを現実のものにしやすくなりました。
怪しいメールやメッセージを目にできるわけですから、あとは証拠・現場を抑えるだけですね。

そこで、気になる探偵事務所への浮気調査費用を抑える・安くする方法を紹介しましょう。
探偵の本来の仕事は、対象者の身辺調査、尾行や張り込みによる現場を抑えることです。

人探しなどは、どこにいるのか?何をしているのか?その素性を探すのには、時間もかかりますし、日本中を移動しなくてはならないこともあり、費用はかなり掛かります。
しかし、浮気・不倫調査は、ターゲットがはっきりしているため、その分、短時間で終了することも可能です。

費用は、基本的に動いた時間、それにかかった経費などが基本です。
そこでまず、身辺調査は、自信で行える部分行うことがポイントです。
簡単なところで言えば、来週出張と言っているが怪しい、毎週水曜日だけ帰りが遅いなど・・・・。

ピンポイントで動いてもらうことで、探偵の費用を安くすることができます。

参考サイト:
探偵比較:本気で浮気調査・探偵事務所の探し方

タイトルとURLをコピーしました