特別展 没後70年 吉田博展

スポンサーリンク
特別展 没後70年 吉田博展吉田博展

世界を魅了した画家 吉田博。名峰や日本の風景を繊細に描いた最初期から代表作の木版画作品を一挙紹介!

福岡県久留米市に生まれた吉田博(1876-1950)。若き日から洋画に取り組み、幾度もの海外体験を通じて東西の芸術に触れながら、独自の表現と技法を確立しました。

画家として才能を発揮した吉田は、画業後半期にはじめて木版画に挑戦し、新たな境地を切り開きました。

深山幽谷に分け入り自ら体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、水の流れや光の移ろいを繊細に描き出しました。

画家の没後70年という節目に開催する本展は、最初期から代表作の木版画を一堂に集めます。また、版木や写生帖をあわせて展示し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法の統合を目指した吉田博の木版画の全容を紹介。

世界に挑み、ダイアナ妃やフロイトにも愛された画家、吉田博の作品を堪能できる展覧会となります。

特別展 没後70年 吉田博展

特別展 没後70年 吉田博展

スポンサーリンク

吉田博展 見どころ

世界を魅了した木版画

世界各国を旅し、雄大な自然をとらえた吉田博のみずみずしい木版画は、アメリカをはじめ国外で早くから紹介され、現在も高い評価を誇ります。イギリスのダイアナ妃や精神科医フロイトに愛されたことでも知られています。日本に生きる画家として、世界に対抗しうるオリジナルな「絵」とは何かを模索し続けた末に生まれた、新しい木版画をご覧いただきます。

版画技法のあくなき探究、色彩表現の独創性

「帆船」シリーズにみられるように、同じ版木を用い、摺色を替えることで刻々と変化する大気や光を表わしました。複雑な色彩表現のために重ねた摺数の平均は30数度に及び、巨大な版木を用いた特大版を制作するなど、あくなき探究心をもって、独創的な木版画を生み出しました。

旅と風景

生涯にわたり風景を描き続けた吉田博。その作品は、画家自らが現地に赴き早描きした写生をもとに制作されました。アメリカ、ヨーロッパ、アジアの自然風景から、富士や日本アルプスといった日本の山岳、穏やかな瀬戸内海など、世界百景の制作を夢見た吉田博の版画作品は画家の旅の軌跡を示すとともに、私たちを異なる世界へといざなってくれることでしょう。

イベント名特別展 没後70年 吉田博展
開催期間2021/01/26(火) ~ 2021/03/28(日)
最寄り駅上野駅(徒歩7分)
会場東京都美術館 企画展示室
時間開始:9:30
終了:17:30
料金・費用未定
※詳細は決まり次第、特設WEBサイト等でお知らせします
お問い合わせハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600
主催主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、毎日新聞社、日本経済新聞社
協賛:ニューカラー写真印刷
オフィシャル
サイト
特別展 没後70年 吉田博展 特設サイト
備考月曜休室

出典:没後70年 吉田博展

タイトルとURLをコピーしました