浅草行事

スポンサーリンク
浅草サンバカーニバル

第38回浅草サンバカーニバル

『浅草サンバカーニバル』は日本最大のサンバパレード 『浅草サンバカーニバル』は、浅草で行われる日本最大のサンバパレード及びコンテストです。 1981年から始まり、今年で36回を迎えます。 東京下町の夏を惜しむ大イベントが行われるこ...
未分類

浅草夏の夜まつり とうろう流し

隅田川 とうろう流し 昭和21年(1946年)の復興祭に始まり、昭和41年(1966年)の隅田川護岸工事に伴って廃止された「流灯会」を復活させた行事です。故人の冥福と世界平和を祈願して、無数の灯籠が流され、夏の一夜を幻想的に彩ります。灯籠...
入谷朝顔まつり

入谷朝顔まつりに行ってきた!おすすめの時間は?屋台は出る?

入谷朝顔まつりは東京の夏の風物詩として有名で時期がくると毎年テレビで中継されたりしてますよね。 でも、初めて行く時は意外とわからないことが多いもの。 そこで今回は入谷朝顔まつりを楽しむために行く前に知っておきたいポイントをまとめ...
湯島天神梅まつり

湯島天神梅まつり 2019

湯島天神は江戸時代より「梅の名所」として多くの庶民に親しまれ今回で62回目の開催します。 湯島天神梅まつりは初春の東京年中行事として定着しています。 主な催し物(土・日・祝) 神輿渡御、野点(お茶券600円)、カラオケコンクー...
大江戸よしわら 節分お化け異装コンテスト

大江戸よしわら 節分お化け異装コンテスト

2019年は“江戸の幻影「吉原繚乱(よしわらりょうらん)」”をテーマに、「大江戸よしわら 節分お化け異装コンテスト」が花園公園で開催されます。 昔は節分に“邪”が出るとされ、それから身を隠すために、吉原では“お化け”と称し、いつもとは...
浅草 酉の市

浅草 酉の市(11/1,13,25)

酉の市は、11月の酉の日(十二支)を祭日として、浅草の酉の寺(鷲在山長國寺)や各地の鷲神社、大鳥神社で行われる、開運招福・商売繁盛を願う祭りで、江戸時代から続く代表的な年中行事です。 江戸時代には「春を待つ 事のはじめや 酉の市」と...
浅草行事

白鷲の舞:浅草4月の行事

平昌(ピョンチャン)オリンピックも終わり、 浅草の3月と言えば、隅田川沿いを始めたとした桜のシーズンも間近となってきました。 今回は、4月の行事:白鷲の舞を紹介します 《白鷲の舞》 白鷲の舞とは、昭和43年11月に明治100年(東京...
示現会

【2018】3月の浅草行事:浅草寺本尊示現会・金龍の舞

3/17・18 浅草寺本尊示現会「慶讃 三社大権現本堂堂籠之儀」 推古天皇三十六年(西暦六二八年)三月十八日江戸浦(現在の隅田川)で漁をしていた漁師、檜前浜成(ひのくまはまなり)・竹成(たけなり)兄弟の投網の中に一体の小さな仏像を発見し駒形...
浅草行事

浅草 節分会(せつぶんえ)2月3日

浅草観音文化芸能人節分会 江戸時代の浅草寺の節分会の特徴は「節分般若心経日数所」と記された切紙のお札を1万枚作り、そのうち3300枚を、節分会の法要終了後、本堂外陣の東西の柱に棚をつって、そこから節分と書いた大団扇であおって撒く行...
タイトルとURLをコピーしました