入谷朝顔まつりに行ってきた!おすすめの時間は?屋台は出る?

スポンサーリンク
入谷朝顔まつりに行ってきた!おすすめの時間は?屋台は出る? 入谷朝顔まつり

入谷朝顔まつりは東京の夏の風物詩として有名で時期がくると毎年テレビで中継されたりしてますよね。

でも、初めて行く時は意外とわからないことが多いもの。

そこで今回は入谷朝顔まつりを楽しむために行く前に知っておきたいポイントをまとめて紹介しますね。

スポンサーリンク

入谷朝顔まつりとは?

入谷朝顔まつりは毎年7月の6日、7日、8日の3日間に開催されるお祭りです。

訪れる人の数

入谷鬼子母神を中心に、言問通りにそって約60軒の朝顔業者が軒を連ねます。

たかが朝顔と侮るなかれ、入谷朝顔まつりに訪れる人の数は3日間でなんと40万人、土日はものすごい賑わいになります。

販売時間

朝顔の販売時間はお店によって若干違いますが、早いお店の開店時間は朝の5時!

夜は23時ごろまでやっているお店があります。

最寄り駅

入谷朝顔まつりに行く時の最寄り駅は東京メトロ入谷駅(徒歩1分)とJR山手線鶯谷駅(徒歩10分)です。

入谷朝顔まつりへのアクセスで便利な入谷駅には出口が4つあるんですが、入谷朝顔まつりの会場に近いのは2番出口です。

入谷朝顔まつり

買い物のコツ

入谷朝顔まつりに行く時間

入谷朝顔まつりの期間中は朝から夜まで朝顔を買うことができますが、朝顔の買い物をより楽しむためには買い物に行く時間帯もポイントです。

おすすめ時間

おすすめなのは午前中。

朝顔はその名前の通り朝に咲く花なので、朝に行けばこれから花が開くところや、きれいに花が広がった朝顔を見ながら買い物ができます。

ただ、東京の8~9時頃の電車はどこも通勤ラッシュで大変なことになっていますよね。

なので、午前中に入谷朝顔まつりに行くなら7時ごろの早朝か、通勤ラッシュの終わった10時ごろがおすすめの時間帯です。

朝顔が咲く前に

なので、午前中に入谷朝顔まつりに行くなら7時ごろの早朝か、通勤ラッシュの終わった10時ごろがおすすめの時間帯です。

10時でならまだ朝顔の花も咲いていますよ。

朝顔の値段

入谷朝顔まつりでは値段はお店ごとではなく協定で決められているのでどのお店で買っても同じ値段です。

支柱のついた「入谷朝顔あんどん造り」は2,000円(税込み)、支柱のない小さな鉢に入った「つまみ朝顔」は500円(税込み)です。

全国配送してくれるので持ち帰るのが大変という時は送料がかかりますが郵送することもできます。

朝顔を買う時のコツ

入谷朝顔まつりでは歩いているととにかくあちこちのお店で声をかけられます。

まさに江戸っ子といった感じのちゃきちゃきとした話しぶりでつい買ってしまいそうになるのですが、そこはグッとこらえます。

というのも、朝顔の鉢は重いので会場についた途端に買い物をしてしまうと朝顔まつりを楽しむ余裕がなくなります。

また、どこも同じような朝顔が並んでいるように見えますが、中には風変わりな朝顔を売っているお店もあるんですよ。

なので、まずは会場をぐるっと一周するのがおすすめです。

その後、買い物をするお店を決めたらお店の人に花選びを手伝ってもらうのもポイントです。

入谷朝顔まつりには本当にたくさんの朝顔が並ぶのでとにかく鉢の数が多いです。

自分で全て見るというのは大変だし、素人では良し悪しがわからないこともあります。

なので、お店の人に好みを伝えて自分にあう鉢を選んでもらいます。

特に朝顔は青、紫、ピンクと色が違うし、同じ色でも鉢によって濃淡の違いがあります。

色の大きさや花の好みを伝えられるようにしておくとお気に入りの一鉢が見つけやすくなりますよ。

入谷朝顔まつりに屋台は出る?

屋台は出る?

入谷の朝顔まつりには朝顔を売るお店とは別に毎年たくさんの屋台が並びます。

その数、なんと100店!

年によって多少前後しますが入谷朝顔祭りにはかなりの数の露天が軒を連ねます。

入谷朝顔まつりは入谷鬼子母神を中心に周辺の道路を通行止めにしてそこに屋台が並ぶのですが、言問通りはかなり大きな道路なのでそこにずらっと露天がならぶ様子は本当に圧巻ですよ。

そんな入谷朝顔まつりの屋台の種類は食べ物屋が多いです。

焼きそば、たこ焼き、大阪焼き、フランクフルト、じゃがバター、串焼き、チキンソテーなど100店もあるとお祭りの露天で思い浮かべる食べ物は一通りあります。

また、入谷朝顔まつりは7月のはじめの開催で暑い中を歩き回るので、キンキンに冷えたかき氷はたまらなくおいしいです。

その他に金魚すくいやヨーヨーなど子どもの時に楽しんだ懐かしいお店も並んでいますよ。

 

屋台が出る時間

入谷朝顔まつりの屋台の出店時間は道路が歩行者天国になる時間とほぼ同じです。

土日は昼の12時頃から、平日は17時頃から屋台が出始めて、夜21時半くらまで楽しめます。

土日は昼から屋台が出ていますが、夕方に近づくにつれて数が増えていきますよ。

歩行者天国の時間が終わりに近づくと大通りは清掃車が来て片づけを始めるので、露天を楽しめる時間は歩行者天国の終了時間より少し早めです。

土日は昼の12時頃から、平日は17時頃から屋台が出始めて、夜21時半くらまで楽しめます。

屋台を楽しむ時の注意点

入谷朝顔まつりに屋台が並ぶのは昼過ぎから夕方にかけてなんですが、朝顔の販売は朝の5時から始まります。

先ほどお伝えしたとおり、朝顔の様子を見て買い物をしたいという人は早朝や10時くらいに出かけるのがベストです。

でも、その時間帯はまだ食べ物などの露天は開店していないんですよ。

なので、入谷朝顔まつりでは朝顔のベストタイミングにあわせて出かけると朝顔といっしょに出店を楽しむことはできないんです。

入谷朝顔まつりに出かける際はベストタイミングで朝顔の買い物を楽しむか、屋台を楽しむのか、どちらをメインにするか決めて行くのもポイントです。

入谷朝顔まつりまとめ

入谷朝顔まつりでは午後になると言問通りが歩行者天国になり屋台も出始めるのでものすごい人出になります。

ゆっくり朝顔を選びたいという時はやはり朝行ったほうが買い物を楽しめます。

7月の開催なので早朝は屋外でも爽やかで過ごしやすいですよ。

タイトルとURLをコピーしました