昔の浅草『凌雲閣』

スポンサーリンク
昔の浅草『凌雲閣』 凌雲閣

かつて浅草にあった凌雲閣(りょううんかく)。
明治時代に大阪と東京に建てられた眺望用の高層建築物です。

東京の浅草凌雲閣は、浅草公園に建てられた12階建ての展望塔です。
1890年(明治23年)竣工の、当時の日本で最も高い建築物でしたが、残念ながら1923年(大正12年)の関東大震災で半壊したため解体されました。

スポンサーリンク

凌雲閣:日本初の電動式エレベーター

『凌雲閣』の名称は「雲を凌ぐほど高い」ことを意味する。日本初の電動式エレベーターを備え、「浅草十二階」、あるいは単に「十二階」という名でも知られています。

凌雲閣は東京における高層建築物の先駆けとして建築され、日本初の電動式エレベーターが設置されました。
完成当時は12階建ての建築物は珍しく、モダンで、歓楽街・浅草の顔でもありました。

展望室からは東京界隈はもとより、関八州の山々まで見渡すことができたそうです。1890年の開業時には「日本のエッフェル塔だ」(パリのエッフェル塔は前年1889年開業)と多数の見物客で賑わったのですが、明治末期には客足が減り、経営難に陥りました。

凌雲閣:日本初の電動式エレベーター

凌雲閣:十二階下の女

浅草十二階の下の一帯は銘酒屋街となっており、実際としては私娼窟と化していた。それで浅草で「十二階下の女」と言うと娼婦の隠語を意味しました。

凌雲閣の最後

1923年9月1日に発生した関東大震災により、建物の8階部分より上が火災とともに崩壊しました。地震発生当時頂上展望台付近には12-3名の見物者がいたが、福助足袋の看板に引っかかり助かった1名を除き全員が崩壊に巻き込まれ即死しました。

経営難から復旧が困難であったため、再建は断念され、同年9月23日に陸軍赤羽工兵隊により爆破解体され姿を消しました。

徳永柳州「第一震十二階の崩壊」

徳永柳州「第一震十二階の崩壊」

明治・大正期の『浅草六区名所絵はがき』には、しばしば大池越しの凌雲閣が写っており、リュミエールの短編映画にもその姿が登場しています。

東京百美人

数多の芸妓によって彩られた明治のミスコンテストです。
明治24年(1891)7月、開業半年を迎えた浅草公園の高塔凌雲閣で、「百美人」と呼ばれる催しが行われました。当時の有名芸妓100人の写真を展示し、投票によって美人を選抜した、日本初のミスコンテストといえる催しです。

大きな呼び物になるはずの日本発のエレベーターは不具合が続き、運転停止に追い込まれてしまい、それに変わる新たな呼び物としてのイベントがこのミスコンでした。

長い階段の上り下りを飽きさせないもの、それがあまたの美人たちというわけで、こうして急遽企画されたのがこの百美人だったのです。
閣内に100人の写真を掲げ、登覧客の投票によってさらなる美人を選抜させるというものでした。

女性たちはすべて、新橋や日本橋、芳町など、府下に名だたる花柳の巷から選抜された「芸妓」、いわばプロの美人たちでした。
これら100人に及ぶ芸妓たちの撮影を行ったのは、アメリカで最新の撮影術を習得し、当時新世代の写真師として頭角を顕していた小川一眞です。

玉川屋の17歳、玉菊が一等となり、そのほか上位4人も新橋芸妓が独占するというかたちで幕を閉じました。

百美人はその後、明治25年(1892)、明治27年(1894)と第3回まで開催されています。この第一回百美人では、濡れ髪のまま写場へ訪れたことで話題をさらい、のちに広告モデルにも起用された「洗い髪のお妻」といった有名人も輩出しています。

2018年2月、浅草商業ビルの工事現場(浅草2丁目14番)において、基礎部分の煉瓦と八角形の土台のコンクリートの一部と見られるものが掘り起こされています。その後このビルの外壁には完成後の2018年8月、凌雲閣を描いた浮世絵を拡大複製した壁画(高さ8メートル)が貼られました。

凌雲閣跡地


出典:
凌雲閣|Wikipedia
MEIJI TAISHO 1868-1926: Showcase – 大日本凌雲閣之図

 

タイトルとURLをコピーしました