浅草歳の市(納めの観音)羽子板市

スポンサーリンク
浅草歳の市(納めの観音)羽子板市浅草歳の市 羽子板市

令和2年の浅草の風物詩「羽子板市」は12月 17・18・19日 に縮小して開催

羽子板供養 浅草寺本堂左側受付にて10:00〜17:00(最終日は15:00まで)
お絵かき羽子板 大人1000円、10:30〜19:00(最終日は18:00まで)
手形羽子板1000円、10:30〜19:00(最終日は18:00まで)
※時間は予定のため、多少前後することがあります。詳しくは公式サイトをご確認ください

スポンサーリンク

羽子板市:江戸で病除け、疫病除けは「鐘馗さま」

宝蔵門前の左側「羽子板保存会」にて有卦干支羽子板を500円に販売します。
来年の干支は「辛丑」で 鐘馗のシルエットが入ります。

アマビエが流行っていますが、江戸で病除け、疫病除けといったら何と言っても鐘馗(しょうき)さまです。

端午の節句を祝う時、古来より幟に鐘馗の絵を描き掲げるのは子孫の無病息災を願う事であり、江戸時代に疫病が流行った時には各家の軒下や玄関に赤や朱色で描かれた鐘馗の絵を貼っていたようです。

鐘馗のシルエットと角印は赤色の予定です。

鐘馗さま
鍾 馗(しょう き)は、主に中国の民間伝承に伝わる道教系の神。日本では、疱瘡除けや学業成就に効があるとされ、端午の節句に絵や人形を奉納したりします。また、鍾馗の図像は魔よけの効験があるとされ、旗、屏風、掛け軸として飾ったり、屋根の上に鍾馗の像を載せたりします。
鍾馗の図像は必ず長い髭を蓄え、中国の官人の衣装を着て剣を持ち、大きな眼で何かを睨みつけている姿です。

羽子板:歳の市

毎月18日は観世音菩薩の縁日。なかでも12月18日は、「納めの観音」と呼ばれ、特に参拝者が多い。江戸時代、12月17日、18日は「観音の縁日」の人出を見越し、境内に正月用の品や縁起物の品を売る露店が集まり、「歳の市」と呼ばれるようになりました。歳の市は他の寺社周辺でも催されたが、浅草寺の市の規模は江戸随一であり、浅草橋から上野に至るまで店が並び、大いに賑わいました。

浅草寺の歳の市では、江戸末期頃より羽子板を売る店が多くなりました。羽子突きの羽根は虫を食べるトンボに似ていることから、悪い虫(病気)を食べる、あるいは羽根の先端に付いている「豆」から、「まめに暮らすことができる」など、羽子板はもともと縁起物として扱われていましたが、やがて女子が誕生した家に羽子板を贈る風習が盛んになり、羽子板が歳の市の主役になっていきました。

こうして歳の市は、やがて「羽子板市」と呼ばれるようになり、現在は12月17日から19日までの3日間、境内に数十軒の羽子板を売る店が並びます。

羽子板市と歌舞伎

江戸時代中頃には、当為全盛を極めた歌舞伎の人気役者の舞台姿を写した羽子板が市に並べられ、人々は自分の贔屓役者の羽子板を競って買い求め大変な人気でした。その年の人気役者の当り狂言や舞台姿を、競って求めるようになり、羽子板の売れ行きが人気のバロメーターともなりました。

羽子板が今日のように一般に売られるようになるまでは、「市」が唯一の商いの場でした。昔は師走の東京の各所に羽子板市が立ち、女性たちはひいき役者の当り狂言の羽子板を求め、ふところに抱いて帰りを急いだとのことです。

今日の羽子板市

言われるほどの賑わいとなりました。

暮れの17、18、19日、浅草観音様の境内に江戸時代のままの情景が展開します。
通りから一段高く床を張ったにわか座敷店。飾り立てた羽子板は舞台より、一段といい男振りの役者の顔、顔、顔。仲見世から宝蔵門(仁王門)、観音堂まで境内いっぱいの人の波でこのときばかりは師走の寒さも和らぐようです。

現在も「羽子板市」の当日は、浅草の仲見せ通りは大変な人出です。
年の瀬の風物詩として、いつまでも大切にしたい日本人の心に残る行事のひとつです。

店主の口上と客とのやりとりは周囲の見物客も楽しませ、師走の浅草の風物詩となっています。

開催場所浅草寺境内
開催日2020年12月17日(木)~19日(土)
羽子板供養 浅草寺本堂 左側受付にて10:00~17:00
(最終日は15:00まで)
お絵かき羽子板 大1000円、10:30~19:00
(最終日は18:30まで)
手形羽子板1000円、10:30~19:00
(最終日は18:30まで)
※時間は予定のため、多少前後することがある。
開催時間09:00~19:30
電話番号03-3844-1221  浅草観光連盟
住所台東区浅草2-3-1
交通アクセス[公共交通]浅草駅より徒歩約5分
駐車場なし。
ホームページ公式ホームページ

出典:納めの観音ご縁日・羽子板市|聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺

タイトルとURLをコピーしました